648号 大丈夫かいな…

本日はバイト7時入り。雑誌の発売はさほど多くないが、もう一人のバイトさんはお休みだし開店前は僕一人。マスターを立ち上げて全レジ開設とモニターつけで40~50分消費。それから雑誌の出し。総量は多くないけど月刊のテレビ誌など細かくタイトル数が多いパターン。レディコミ誌も結構あったからゴムがけもあったし、全部は出し終わらなかったね。開店後、銀行に売り上げを運ぶ。連休だったせいで4日分。一人で持てるのは2日分が限界だけど人手がないので僕一人で2往復。9月末とは思えぬ暑さに参りましたな…。で、戻ってから残りの雑誌出して箱開けへ。開店から短シフトバイトさん、10時から主婦バイトさんと新人くんが来てたから人数的には存分なんだけど主婦バイトさんは配達あるし、新人くんはコミックと文庫くらいしか出せないのでうまく回さんとね、と。まぁ箱は少なめ。新刊めちゃ少なく補充分普通くらいだったけど、補充分のうち3箱は後日回しの手帳類だったから実質少なかった。休憩前に箱を開け終わり、休憩後に児童書・学参の品出し。で、その後は客注の発注TELをしたり。基本的には客注の商品もネットで注文できるのが多いんだけど、取次の在庫がないと出版社に直接電話して頼まないといけないのね。出版社は土日祝お休みなので連休明けはTEL注が貯まりまくってるわけです。10件くらい電話してたのかな?大手の出版社は休み明け全然電話が通じなかったりもするから厄介。電話殺到してるんでしょうな。今までは店長かもう一人のバイトさんがやることが多かったんだけど店長いなくなっちゃったからね、僕もやる機会は増えるだろう。そんなこともあったし、あと定期講読を大量に溜めてるお客さんが買いに来て50冊くらい処理しなきゃで時間食ったりもして、結局入荷少なかったわりに品出し終わったのは15時近かったかしらね。14時で短シフトバイトさんがあがり、15時で主婦バイトさんがあがり、入れ替わりで15時から遅番さんが2人来たのかな?で、シフト表上は16時からBOOK遅番社員さんが来ることになってたが来ず、レンタル社員さんが連絡したら休みだった。遅番バイトさんも休みだと思ってたけどシフトにあったからどうなんだろうと思ってたらしい。要するに、店長がいなくなってシフト管理を任されたはずのBOOK社員さんが自分のシフトが間違ってるのさえ気付かずにスルーしてた、ということね。つかさ、社員同士のスケジュールも共有してないの?てか、前日にシフト確認とかしないの?店長退職の翌日でもうこの破綻ぷりですよ。勘弁してくれ…。今日1日で改めて店長に頼りきりだったことを思い知る感じでしたね。大丈夫かいな…

帰宅後、一息ついてメシ食って。あと進撃の巨人を何話か見て、明日からの準備をして。明日から親の付き添いで岡山に行かねばですよ。2泊3日ね。なぜゆえってのはまぁ明日の日記で書くでしょう。タイミング的にバイト先がめちゃ不安だけどまぁなんとかしてくれると信じよう。岡山かぁ…遠いな…

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です