638号 6Aわが家

本日はバイトお休み日。朝メシ食って10時半過ぎに家を出る。巣鴨へ。小石川中等教育学校の6年A組が文化祭的なヤツのクラス演劇でアガリスクの『わが家の最終的解決』をやってくれるということで、本番は明日明後日だけど前日のゲネを見学させてもらえると。クマガイさん・ゆりゆり・コータさんと見に行ってきました。中高一貫教育の学校なので6年生ってのは高校3年生ですね。5・6年生はクラス演劇をやるのが慣例だそうで、A組は5年生の時もアガリスクの七人ワイフをやってくれたそうな。2年連続でアガリスク作品をやっていただけるなんて光栄ですね。にしても選ぶ演目が攻めてるなぁ。高校生ならナイゲンとか卒実とか、等身大の演目もあるのに七人ワイフとわが家って。で、見させていただいたわけですが、いやぁよかった。クラス演劇ということもあり、当然2時間40分もの時間はとれるわけがなく1時間10分になってるんだけど、この脚本改編がめちゃ上手い。登場人物もカットしてて姉夫婦や原稿男、ファンデンベルクさんやヨーゼフもいない。が、上手いこと他の人に要素を振ったりして必要なところはおさえてる。ただカットするだけでなくハンスがフリッツに対して語る内容をクライマックスでゲルトナーとルドルフに向かって語る形にしてたり、ハンスの家でクリスマスパーティーをしなきゃいけなくなった流れを加筆してたり。わかりやすくするための細かい改編もされてて素晴らしい。演劇部というわけでもないのでもちろんキャストの技量は拙いところあるけど、この演目に真摯に向き合い、笑いと感動を作りたいという熱が伝わってくる。DVD見たりで研究したんだろうなぁと思わせる完コピなとこもあり、自分たちの色を出すとこもあり。面白かったなぁ。ゲネが終わったあとには積極的にいろいろと質問してくれて、うちらも伝えられることは伝える。コータさんなんか舞台で実演もしたしね。楽しく実のある時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。明日からの本番、みんな楽しんでね~

で、その後しばらく商店街散策したりとげぬき地蔵行ったりメシ食ったり。巣鴨、さすが爺婆の原宿ね。独特の雰囲気がありますな。面白かった

で、帰宅して一息ついてメシ食って。その後はスコーピオンを5話くらい見たのかな?明日はバイト8時入り。日曜だけど連休中日だしそんな忙しくはなさそうか?どうなんだろ?

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です