985号 詰んだ

本日はバイト8時入り。短シフトバイトさんが同じく。レジ開設して雑誌の出し。短シフトバイトさんは定期講読の処理とか。雑誌は男性誌が多い日だったけど付録組みとかは少なかったから一人でも開店前には余裕で出し終えて箱開けへ。箱がね、まぁクソ多かった。新刊は普通だったけど補充分がめちゃくちゃ多い。開店前に新刊の箱は開け終えたね。開店からは主婦バイトさんイン。とはいえすぐに配達へ出る。文庫の新刊を先に品出しして、その後に箱開けの続き。鬼滅の刃が補充分で大量に入荷、その他のコミック補充分も多めだったけどとりあえず12時半からコミック担当さんが来るので放置。他書籍類の箱開けしつつレジ。短シフトバイトさんが休憩入って主婦バイトさんが戻るまで20分ばかしワンオペになったけど、そのタイミングでお客さん来るわ、厄介な問合せあるわでバタバタ。箱開けも進まなかったね…。で、その辺りで文房具の補充分もドカッと入荷。なかなかに厳しい状況になってきましたな。で、自分の休憩。その間に12時半を過ぎたけどコミック担当さんが来ず。体調不良につき17時入りになると。詰んだ…。休憩後はレジしつつ隙見て品出しね。主婦バイトさんには普段なら文房具の出しを優先してもらうんだけど、今日はそうもいかず文庫の補充分を出してもらって、短シフトバイトさんがビジネス書や新書、僕が児童書・学参を。14時で短シフトバイトさんがあがり、15時から学生バイトくんイン。主婦バイトさんは15時であがり予定だったけど残ってくれて文庫を終わらせ文房具の一部も出してくれた。結局16時半くらいまでやってくれてたね。ありがとう。僕は児童書・学参の後は他書籍類を。16時過ぎになんとかコミックと文房具以外の品出しは終わったか。そこからレジ中心になって学生バイトくんに抜き空けとかに入ってもらう。が、お客さんがまた増えてバタバタしてましたな。そしてあがり直前にまた複数客注にハマってあがり損ねて20分ばかしこぼれた。結局文房具は結構残って明日に持ち越誌になっちゃったし、17時にフラフラで来たコミック担当さんにコミックは丸投げ。申し訳なし

バイト後稽古。当初18時スタート予定だったからバイトおして遅刻するかも、と思ったけど19時スタートに変更になってたから助かった。メシ食って一息つく時間もできましたな。で、稽古。今日は僕がメインの第4話。まだ完本してなくて8割方ってトコだったけど…。読み合わせて動いてみて。あ、これ大変なヤツだ…と。状況ややってることはめちゃくだらないんだけど、映像作品にするためにはキャスト・スタッフ共にバタバタだろうなぁ。僕も稽古で結構ヘロヘロでしたわ。ここからさらにまだ書かれてない部分でセリフも大変になりそうだし…。でも面白いはず。頑張ろっと

帰宅後、一息ついて風呂入って。明日はバイトお休みね。寝る

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です