1613号 かげきは三日目

アガリスクエンターテイメント『かげきはたちのいるところ』三日目。マチネは本編、ソワレはパイロット版。まずは13時の本編ですね。ステージ的には4ステ目か。とにかく稽古も2回くらいしか出来てないパイロット版が控えてるので朝からどこか緊張感があったかしら?それが良い方向にも働いたか、勢いもよくミスも少なめ、今までで一番いい回だったかな?映像系の不具合はあったみたいだけど。マチネだけどお客さんも暖かかった印象。良い感じでしたね。
で、マチネ終わってすぐにパイロット版の準備。プリセットして序盤の動きを確認して、それから場当り兼通しな感じ。かげきはエピソードの中で最初に作られた話であり、極左暴力集団のゆるふわホームコメディというコンセプトが色濃く現れたくだらない議論に終始する話なので、みんな結構なセリフ量。僕は頭とラストに出るけど中盤はずっと電話。電話はマイク前で台本見ながらやれるからいんだけど、みんなはかなりキツい。実際、場当りの時はとてもじゃないほどガタガタでしたね。舞監さんや演助のキクチくんはマジで本番中のプロンプやカンペを検討してたみたい。ご心配おかけしました。が、その後に受付開始後も楽屋でみんなでセリフ合わせたりして本番は大きな乱れはなく進みましたね。まぁ僕が序盤でやらかしたりはしましたが…。一回こっきり30分一本勝負のパイロット版で、お客さんもずっとアガリスクを追いかけてくれている方が多かったはずで、一体感みたいなものは強かったですかね。良いステージだったかと。

明日は休演日。ここまでかなりハードなスケジュールできたからしっかり休んで後半日程を乗り切らねばですね。とりあえず酸素カプセルに行こう

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です