1609号 かげきは小屋入り

『かげきはたちのいるところ』本日小屋入りでございました。
劇場入ってまずは搬入。今回はとにかく道具類や衣装が多いし大変ですね。美術もしっかり部屋を作っていただくし。汗をかきつつエッチラオッチラ。2tトラック満載の荷物を搬入して仕込みへ。僕は舞台班ということで、照明班が舞台上の吊り込みが終わるまで休憩で、その後に建込み。まぁ床面作ったりパネル支えたりですね。夕方前に一通り建込みを終えたか。今回もまたステキ舞台。部屋もいいけど玄関の感じがよいですね。どこかノスタルジックな雰囲気をかもすちょっと古めの民家感。ここが10日間かげきはハウスになるのですね。ワクワクドキドキ。で、夕方からは照明さんのシュート、音響さんのサウンドチェックとなるのでキャスト陣は待機。楽屋でパイロット版のセリフ合わせをしたりしてたかな?
サウンドチェックの中で電話設定のマイクテスト。マイクを楽屋に設置してサウンドモニターで舞台上の声を聞きながら会話する形ね。モニターの声をマイクが拾っちゃわないように場所や向きを設定してやる。舞台上の声がどこまで聞こえるのかがわからず不安だったけど、やってみたら問題なしでしたね。よかったよかった。こちらの声が舞台上でどう聞こえてるのかはわからないから、そこは不安だけどね…。12話は電話だけだし、11話・13話・パイロット版でも電話シーンがあるから僕が一番使う。そしてその度に楽屋と舞台を行き来せねばならぬのは結構大変かも。サンモールスタジオは楽屋離れてるからね。落ち着いていかねば。
で、サウンドチェック終わって退館。明日は1日かけて場当たりね。タスクが多いから場当たりも大変だろう。入居・退居のタスク整理だけでおそろしいほど労力と時間を費やすはず。事故だけはないようにしっかり気を入れていきましょう。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です