720号 深し

本日はバイト8時入り。レジ開設要員はいたので雑誌の出しから。雑誌は少なめでしたね。漫画誌のゴムがけはあったけどそこまでの量じゃなかったし。もう一人のバイトさんもいたから開店前に雑誌は出し終えましたな。開店からは箱開け。箱は新刊がめちゃ多くて補充分は少なめだったかな?新刊は文芸書で入荷多いのが3タイトルくらいあったし、文庫は文春や幻冬舎の新刊が出てたしね。新刊の箱開けて文庫の場所空けて品出し。その間にもう一人のバイトさんが補充分の箱は開けてくれてたかな?その辺で休憩回し。休憩中はワンオペね。近間で補充分のコミックとか出して、休憩回し終わってから児童書・学参の品出し。そこまで量なかったから今日入荷分は13時半くらいには一通り出せたかな?で、昨日入荷分の児童書が出し切れなかったらしく裏に置いてあったのでそれを品出し。それが結構かかったかな?品出し終わってからはレジつつ発注したりなんなりでしたね。1日通して鬼滅の刃の問い合わせが多かった。昨日新刊が出てたんだけど、発売日当日で売り切れてたからね。70冊以上入荷してたんだけどなぁ。ま、今一番勢いがある漫画だし、特典でポストカードかなんかが付く上に18種ランダム配布だったから一人で複数冊買ってった人もいたみたいだからね。既刊も全部品切れて重版待ち。たいしたもんですわ

バイト後アガリスクのプレ稽古。今日は客演さんは参加者がいなかったから劇団員のみでしたね。卒実の初演版やナイゲンの抜粋をいろいろと。基本的にはカシマ嬢が卒実でやる役を深めるための回かな?「かつて狂犬と呼ばれ学校側に噛みついたりしてたけど教師となり学校側に染まった」というキャラな訳だけど、その学生時代の自主自立を守るために学校側に噛みついていた頃の精神を知るためのあれこれ。ということで卒実の生徒会長やナイゲンのどさまわりの精神を学ぶ。その辺の役を網羅してるクマガイさんがやって、そのあとカシマ嬢がやって、みたいな感じかな?他面子はいろんな役に振り分けて。僕はナイゲンで花鳥風月やって懐かしくなったり、卒実でエナミやホシをやって楽しんだりでしたね。いろいろ試しながら皆でどさまわりや生徒会長の分析をする。稽古やワークショップだと笑いのシステムの分析になりがちだけど、それとはひと味違った新たな分析のなかクマガイ・イトウがアクション型で僕・カシマ嬢がリアクション型とか、その系統別の演技パターンとか、いろいろと発見というか言語化されたことがありましたね。深し。よい稽古でしたわ

帰宅後、風呂入って、アメトークの東京03飯塚大好き芸人を見て。いやぁほぼゴッドタンな空気感。おぎやはぎや劇団ひとりやバカリズムだからね。面白かった~

さて、明日はバイト中番で11時入りね。現状金土が中番設定。今はいいけど稽古時期になるとムリが出てくるからね。どうすんだろね…

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です