1678号 日光

親父の喜寿のお祝いということで家族で日光に来ております。親父が幼い頃、疎開先が日光だったらしい。戦後も数年住んでたそうな。東照宮のすぐ近くというか敷地内の外れ?とのことで、昔住んでたら辺を散策してみよう、ということでの日光ね。親父のお祝いなので、プランニングと運転が姉貴、費用は母と僕の割り勘みたいな話で。午前中に出発して昼過ぎに日光東照宮に到着。昼メシは近くのカフェ&レストラン。美味しかったね。
で、親父の微かにして曖昧な幼い頃の記憶を頼りにしばらく散策。苔むしたいい感じの山道など。気持ちよかった。細かい位置はわからんけど、親父もこんな感じだった〜みたいな手応えはあったようでよかったんじゃないかな。で、その後は普通に東照宮や二荒山神社を散策。見猿言わ猿聞か猿とか眠猫、鳴き龍などなど王道ですな。僕も日光は初めてではない。おそらく小学生なるならずの頃にやはり家族で来たことはあるはず。ま、ほとんど記憶ないけど。で、鳴き龍って自分で手を叩いてた覚えがあったんだけど、今はガイド担当の方が拍子木をならす形なのね。まるでアトラクション。てか、30年前からこのシステムになってるらしい。衝撃…。ま、40年前くらいだろうからね、僕が前に来たの…。
で、夕方に宿にチェックイン、とりあえずの風呂。露天で檜風呂的な感じで気持ち良い。で、夕飯。コースだから2時間がかりですね。美味しかった〜。ま、この辺はプランニングが姉貴だからハズレないですな。やっぱ湯葉ですね。引上げ湯葉からにがり入れて豆腐にするのが実験みたいで面白かったですな。刺身湯葉もハンパなく旨かった。湯葉以外も美味しかったしね。満足ですわ

で、明日はどうしますかね。おそらく滝とか見に行ってから帰る感じかしら?今日結構歩いたから親父がどこまで動けるかにもよるのかな?とりま姉貴にお任せですわ。とりあえず早めに起きて朝風呂入れればいいかな

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です